サンデージャポンで見たような、食事するだけの関係を作りたいと思ってパパ活をパパ募集掲示板でやったところ、自分の求める内容とは違った趣旨のものばかりが届いてしまって、誰かに相談したいなって思っていたのです。
そこでインターネットサーフィンをすることにしたのですが、Twitterでパパ活をしている日常をツイートしていた同い年の女子大生を発見してしまいました。
思わずフォローして声をかけてしまったのでした。
彼女は食事だけでエッチなしの関係を作ることに成功した人で、今日はこんなお店に連れて行ってもらって食事を食べたなんて感じでツイートしている人だったのです。
私が掲示板を使って、嫌なメールばかりが届いた話をしてみたのですが、彼女もそんな経験があったようでした。
「無料の掲示板は本当に危ないよ。
あの辺はヤリ目とか、冷やかし目的の利用者がほとんどだからね。
被害に遭っている女の子たちたくさんいるから、パパを探すのは不向きかな」
「そうだったの?そんなの知らなかった」
「無料だから誰でもいいって思っちゃうからね、だから私も使った経験あるけど惨敗だったよ」
「でも今パパがいるんでしょう?」
「パパ活専門掲示板とかはないからね、だから出会い系を使ってさぁ、見事に探し当てたんだ」
「出会い系?」
「女の子は完全無料で使えるけど、男の人は有料なんだよね。
それと登録する時に本人確認の身分証を提出する必要があるから安全な人が多いよ」
そんなこと、まったく知りませんでした。

女の子は無料で利用ができてしまう、しかも男の人が有料サービス、だからこそ質が高い人がいるらしいのです。
「パパを探したいと思うんだったら、無料掲示板ではなくて人気の高い出会い系サイトの掲示板を使わないとダメだね」
彼女に言い切られてしまったのでした。